三尊無双FX は結構使える!!

公式ページはこちらをクリック

三尊無双FX ~人生逆転プロジェクト~として先日新たなノウハウが公開されました。

一時期間限定で一部の会員のみに公開されていたようですが、

先月末より一般公開されているようですね。

それではこの「三尊無双FX ~人生逆転プロジェクト~」こと、「三尊無双FX」が一体どんな手法なのか?

内容のほうをじっくり検証していきたいと思います。

三尊無双FXの中身について

【商材名】三尊無双FX~人生転換プロジェクト~

まぁ、はっきり言ってこの教材の中身とは、

いわゆる

ヘッド&ショルダーの攻略方法

ですね。

 

三尊とは、観音像の形に似ている事からそう呼ばれているようです。

様するに「上昇トレンドから下降トレンドに転換していく相場から、

ブレイクのタイミングに合わせて利益に繋げていく方法」です。

 

実際の利益のイメージはこんな感じになります▼

ユーロドル +30pisp

 

「三尊」の具体的なエントリーのタイミングはこんな感じ

 

要するに、

上昇トレンドから完全に下落トレンドに切り替わるタイミングを狙っていく

これが三尊無双FXの基本的なエントリースタイル。

非常にシンプルなロジックです。

 

まぁ、色んなアフィリエイターがレビューを書いていますが、

私が見る限りでは実際にトレードしてるアフィリエイターは殆どゼロ

に等しいと感じるのでまともなレビューに辿り着くのが難しいですね。

FXってそう簡単に稼げる程甘くありません。

 

FXの良し悪しなど、実際にトレードを経験してリスクというものを負っていかないと

なかなか身に付くものではありません。

ですが、そうした経験から「勝算の高いエントリーのタイミングの見極め法

というものを得る事が出来ることは事実です。

 

三尊無双FX ~人生逆転プロジェクト~」で公開されているチャートのパターンも、

実は典型的な鉄板パターンの1つと言えます。

「3っの山」これが三尊の基本的なパターン。

 

基本的に「三尊」は、下落トレンドの転じるパターンなので、

目線は売り

三蔵は、3つ目の山の形成が終了したところで下落が開始するので

このブレイクするタイミングを狙うことで利益に繋がりやすくなります。

エントリーから決済迄の流れについて

まずはサインが点灯します▼

 

エントリーチャンスが来ると、上記のような黄色のサインがチャート上に表示されます。

※具体的なエントリーの方法などはマニュアルを参考にして下さい。

推奨時間足は15分足以上です。

これ以下のタイムフレームは信頼度がガクッと下がるのでお勧めしません。

 

エントリー後は損切と利益確定させる「指値」を入れます。

 

ただし、指値に関しては場合によっては「トレール」などを活用する事で

1度のエントリーで大きな利益に繋げていく事も可能です。

管理人のリアルトレード動画を公開

こちらは三尊無双FXの2回目のトレードの様子▼

この日のトレード通貨ペアはポンド円。

私は1時間足を使っています。

 

47pips程利益を確定

 

なかなか使い買っての良いインジケーターですね。

トレンドの底が丸見えなので、

ターゲットを設定しやすいです。

公式ページを見てみる

三尊無双FXの評価について・・AA

90点

 

セールスページでは

”スマホ1つで億を稼ぐ”

とか何とか言ってますが、これはあまり現実的ではありません。

 

FXの税金って1000万を超えると半端なく高いですから。

国内の業者の場合、様々な優遇制度(※例えば損失3年繰り越し制度)がありますが

レバレッジ25では、1億どころか1000万の利益をだすことすら容易ではありません。

海外業者を使った場合、一定の利益を出すと50%税金として持っていかれます。

この他に保険やら市民税やらもっかりますからね。

 

ただ、いずれにせよ、勝ち続けてい行くことが

FXの世界で生き残る為の術であり、

三尊無双FXのような黄金パターンを覚えておいて悪くは無いと思います。

海外・国内業者どちらがお勧め?

ちょっと余談ですが、日本の所得税法は年収2000万を超えてしまうと、

役60%が税金として消えていきます。

だって、所得税率が50%ですからね。経費引いたとしても税率が高すぎます。

 

まぁ、ここまで高額な税金を払ってい人って全体の約10%にも満たないので

稀なケースかなと思います。

国内・海外いずれにせよ、年間利益300万迄なら税率が同じなので、

何も好んで低レバレッジの国内業者を使う意味など全くありません。

 

レバレッジは高い程それだけトレーダーにとって有利です。

最終的には個人n好みの問題もある事でしょうし、

使いやすいところで続けるのが良いと思います。

三尊FX詳細へ